2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2006年06月13日(火)

思うことー。

今日は、大阪の実家へ行って来ましたー。

休日に車を使って行くことが殆どなので、
電車に乗って実家に向かうのは、久しぶりー。
車窓を眺めつつ、ちょっと昔を懐かしんでみたりして。。。...( = =) トオイメ

実家に着くと、両親が揃って出迎えてくれたけれど、
今年に入って、相次いで亡くなった2頭の愛犬達の姿が見えないのは、
やっぱり寂しい~~~。

今年の2月中旬ー。
明け方に目が覚めて、なぜか胸騒ぎがした母が見に行くと、
前日まで元気だった1頭目が、倒れて亡くなっていたらしく、
その1ヶ月後に、あとを追うように、2頭目が虹の橋を渡って
しまい。。。
今日は、その2頭の墓標を参りに(…って言うかな?)、
行って来ました。

霊園の隅に、愛犬や愛猫達の墓標がたてられたエリアがあって、
その一角に、メリーとラブのものがありました。

周りを見渡すと、大概の墓標には、玩具やお花が供えられてあったり、
お散歩で使っていたと思われるリードが置かれてあったりー。
中には、飼い主さんの心遣いか、墓標に雨がかからぬようにと、
小さな小さな傘を差しかけてあるものもありました。
(先月には、ここで合同法要があったそうな…!)

突然やって来た2頭の愛犬の死に、とてもショックを受けていた父。
最近、漸く気持ちが落ち着いて来た…という話しだったけれど、
背中を丸め、メリーとラブの墓標を、手で撫でながら話しかけて
いる姿を見るのは、ちょっと辛かったですー。

なかなか2頭に会いに来ることが出来なくて、遅くなってしまったけれど…。
私も、実家を出るまでの7年間、一緒に暮らした2頭の墓標に
手をあわせているうちに、込み上げてくるものがあって、
気がつけば、ハンカチで目頭を押さえていました。(涙)

愛犬を迎えた日から、いつかは必ず来る日ではあるけれど。。。
今日は沢山の墓標を見て、色々と考えさせられた一日でしたー。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:14 |  今日の出来事  | CM(2) | Top↑

Comment

●お疲れ様~

実家へはシェルティちゃんのお墓参りでしたかそれはお疲れ様でした。
実家のご両親も少しずつでも落ち着かれて何よりです(゚ー゚)(。_。)ウンウン
でもお互いいつかは通る道なんですよねぇ考えるとどうしようもなく辛いものがありますいけどトホホ
お父様が墓標にむかって喋りかける姿みてchiさん何より辛かったでしょうねぇ(-公-、)シクシク
私も実家に両親2人なんで会うたびに何やら貫無く小さくなってく気します(´・ω・`;A) アセアセ
ナナママ | 2006.06.15(木) 00:41 | URL | コメント編集

v-343ナナママさん
2頭とのお別れが、あまりにも突然過ぎて、
ショックだったようですー。
毎日のお散歩担当だった父の方が
特に凹んでいたようですが、
少しずつ落ち着いてきているようで、
母もホッとしてました。

うんうん。同感ですー。
久しぷりに両親に会うと、『歳とったな~』と
思います~。
ちょっぴり、切なくなる瞬間だったりしますよね。。。

chi | 2006.06.15(木) 08:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。