2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007年01月28日(日)

どろろ~~。

義母に映画の招待チケットをいただいたので、
旦那ちんと『どろろ』を見に行って来ました~。ヽ(=´▽`=)ノ

ウィウィ。←フランス語?
ここ最近、2ショットで宣伝活動中!のあの妻夫木聡さんと柴崎コウさんの映画ですねー。

公開2日目だったし、混んでるかもー!!ということで、
上映時間の1時間半前に映画館に到着。
どんだけ気合い入ってんだよ、チェリ家!! ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

映画館前は人がまばらでした。
『早すぎたかな~~』と言いつつチケット売り場に向かうと、既に長蛇の列がっ!!
みんな吸い込まれるように、売り場の窓口に向かって歩いて行く~~。
中には走ってる人の姿も! ∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?
私も旦那ちんと一緒に並ぼうと思っていたけれど、
余所見をしながらプラプラ歩いてるうちに距離が出来ちゃって。。。
結局、旦那ちんが一人で並んで席を確保してくれました。サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
窓口のお姉さんが指定席の中で一番見やすい席を案内してくれたらすぃ。やほー♪

 ※ ちょっぴりネタバレ部分もある(かな?)ので、 
   これから映画を鑑賞なさる方は、
   華麗にスルーしちゃって下さいませ~~。ぺこりっ。



さてさてー。
映画の上映時間が迫って来たので、映画館に入りました~。
席に着いて周りを見回すと、お客さんの入りは7~8割りくらい??
お子ちゃまの姿もチラホラ見かけました。(「  ̄ー ̄) ドレドレ・・・

天下統一を目論む父親によって、
体の48個所を魔物に奪われて生まれて来た『百鬼丸』が主人公のこの映画。
初っ端から戦に散った人達の夥しい数の死体がゴロゴロ出てきました。
セクスィ~な踊り子さんのダンスシーンや、
躊躇いもなく人がバッサリ斬られちゃうようなシーンもあったりで、
(中には弓矢が頭にサックリ!のシーンも)
お子ちゃまが見るにはどうなんだろ~??と、なぜか私がハラハラ。((o(б_б;)o))

親に捨てられた『百鬼丸』を保護し、
あらゆる手を尽くして仮の肉体を与たのが、原田芳雄さん演じる呪医師なのですが、
電気(エレキテル)を駆使したりしている姿は、まるでフランケンシュタイン博士のようでした~。

原作を全く知らずに殆ど予備知識なく見に行ったんだけれど、
私的には柴崎さん演じる『どろろ』にちょっぴり違和感を感じてしまいました。
『女になりたいと思える時が来るまで、男として生きろ』と母親の遺言通りに
生きて来たどろろですが、どこから見ても目鼻立ちクッキリハッキリ!
ビューティホ~な女性のような??

以前、チラッと見たことのある原作の『どろろ』の姿は、
もっともっと幼い雰囲気だったような気がするんだけれど、
柴崎さん演じる手足の長~い、大人チックな『どろろ』ちん。
ちょっと高めの声で『てやんでぃ!』系の江戸っ子チックな喋り口調。
んーーーーー。原作ファンの人にとっては、どんな風に映ったでしょうかね~??

対するは妻夫木くん。
今まで見たドラマでは、爽やか好青年の役柄しか記憶になくて、
感情を押し殺した影のある役を演じている彼を見るのは初めてでした~。
魔物を退治するたびに、奪われた体のパーツが戻ってくる百鬼丸。
本物と入れ替わりに口から仮の内臓が出てきたりするのですが、
ブッキーが本当に苦しそうでしたわん。
どろろ(柴崎さん)との出会いや体のパーツが戻って来ることによって、
少しずつ心や表情が人間らしくなっていくわけですが、
時折見せる笑顔が可愛いかったです~。 ( ̄m ̄* )ムフッ♪
特別ブッキーがお気に入り♪というわけではないけれど、
冒頭の魔物と戦うシーンはなかなかステキでしたよ~~♪

その他のキャストでは、ミキプルーン 中井貴一さんが父親役を、
原田美枝子さんが母親役を演じておられました~。
劇団ひとりさんや寺門ジモンさんの姿もありました。
(劇団ひとりさん、最近よく映画に出演されてますよね)

撮影はニュージーランドでも行われたらしいのですが、
ビュービューと強風が吹いていたり、夜のシーンでは役者さんの吐く息が白かったりで、
きっと過酷な撮影だったと思います~。( ̄ーÅ)ホロリ
魔物と戦うシーンでのワイヤーアクションは、体を張った主演のお二人に拍手!!
という感じでした。

原作ありきのドラマや映画って、見る人によっては感じ方も捉え方も違うし、
どこか難しそうですよね~。
そういう私も生意気にも(予算の関係等があるだろうけれど)ビミョ~な CGや 特撮の 着ぐるみのような
魔物との戦いのシーン、それと物語がラストに向かうにつれて少し尻すぼみな感じが
気になっちゃいましたが。。。
でも!ストーリーが斬新だし、娯楽作として見るにはまあまあ楽しめたかな??

この映画で戻って来た体のパーツは半分。
なんだか続編をにおわせるようなラストでした~。

そう言えば。。。
今日買った某雑誌(28日発売)の宣伝ページに『大ヒット上映中!』と書かれて
いたのにはビックラしました~。 ∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!
だってね、映画の公開は昨日(27日)なのですよ~。
なのに翌日発売の雑誌に『大ヒット!』って、あーた。

映画に携わる関係者の方々も、大変なのですねぇ。。。しんみり。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:41 |  今日の出来事  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。